top of page

昨日の手のひら、めくりだされた今日
after yesterday

2021

「彫刻と家」展

Exhibited at the group show "Sculpture with the House"

 幼少期はひとりで人形遊びに没頭していましたが、ふと兄をおはなしの中へ招待しました。するとたちまち人形は戦いはじめ、予期せぬ急展開を迎えてしまいました。しかし、他者に触れられたことでむしろ初めて、その空想は確かに在ったと証明されたのかもしれません。

「自分は、自分ひとりだけでは、〈いま〉の自分だけに断ち切られてしまう。」(野矢茂樹 (2014) 『ここにないもの』中公文庫)

私の過去を証明することができるのは他人でしかありえなく、同様に、私たちは常に誰かの過去を継ぎながら、〈いま〉に浮いているのでしょう。

When I was little, I used to play with dolls alone. One day, I invited my brother into my play. As soon as he joined, the dolls began to fight and the story turned out to be unexpected. However, it can be said that the fantasy could not be proven its existence unless another person recognized it.

“I, on my own, am cut off to only the ‘now’.” (Shigeki Noya (2014) “What is not here”, Chuko Bunko)

Only others can prove my past, and in the same way, we are always floating in the ‘now’, with inheriting the past of others.

bottom of page